TOP > 超高額アルバイト > 食品サンプル職人


食品サンプル職人

 

食品サンプル職人を極める
食品サンプル職人は主に、食べ物などの見本 (サンプル) を作る仕事。 職人はサンプル模型となる食品をいかに、本物に、リアルに見せるかが技となります。 街を歩いていると、よくレストランや喫茶店のガラスケースの中にあるのを見かけますね。 見ているだけでお腹が空いてきて、思わずお店に入ったりしてしまいますが、 そこにはきっと一流の職人技が効いているのでしょう。

ところで、この食品サンプル職人、テレビでもたまに見かけますが作り方を見てると、思わず見入ってしまいます。 お湯の中に液体を入れたかと思うといつの間にかレタスや、天ぷらが出来上がったり、いとも簡単に作ってしまいます。 職人を目指してなかったとしても真似したくなりますね。 食品サンプルというのは日本独自の文化のようで、外国人観光客などにも人気があるそうです。 また、食品サンプルを店頭に導入する事により、店の売り上げが3倍に上がったという報告や、自分の作った食品サンプルがショーウィンドウに並んでるのを見ると思わず感動するという、やりがいのある仕事でもあります。

食品サンプルの作り方は、かつては主な材料としてロウソクの 「ロウ」 を、お湯で溶かして冷まして固めるという方法で作られていましたが、現在は劣化しにくい液体のプラスチックをオーブンで焼き固める、という作り方に変わってきているそうです。  本物同様に完成したら店頭のほうへ出荷される訳ですが、ちなみに食品サンプルは一体、一個いくらくらいするんでしょうか?

食品サンプル価格例
明石焼 320円
たこ焼 400円
コロッケ 1,000円
焼きおにぎり 1,200円
串焼き手羽  1,900円
ホットドッグ  2,400円
イタリアンスパゲティ 3,600円
カレーライス  4,000円
カツカレー    5,000円
チーズバーガー 5,800円
網焼きステーキ 8,500円
ミックスサンド(6個) 9,800円など。

※本物ではなく、あくまで食品サンプルの店頭価格ですが、お店・地域により違います。
これらの物を、数分から〜数時間かけて作って行きます。 本物の7〜8倍の値段が相場。

食品サンプル職人の年収
気になる食品サンプル職人の年収は、全盛期には多くて年収1500万円〜2000万円などあったようですが、不景気の煽りもあり、現在、年収は下がっているようです。 しかし以外と食品サンプル職人になりたい人や、希望者は多いんですね。

食品サンプル職人になるには?
食品サンプル職人になるために必要な資格や、専門学校はありません。 なので現在は直接、食品サンプル製造会社に就いて技術を学ぶしか方法はないようです。 入社してすぐに全てを任される訳ではなく、ハサミの使いかた、色付け、焼きなど、一流の先輩方の技術を見て習得していきます。 日本には現在、100件ほど食品サンプル製造会社があり、従業員が300人を超える大きな会社から、家族ぐるみで経営している小さな会社まで、その規模は様々。

食品サンプル職人の稼ぎ方
食品サンプル会社などで一通り技術を学んだら独立して、個人で食品サンプル製造会社を起こす方法、また応募者の割には求人数が少ない、専門学校などがない事を逆手に取り、食品サンプル教室などを開く方法、また、食品サンプルをキーホルダーにしたり、マグネットなどを付け雑貨として個人でネット販売する方法があります。




食品サンプル職人の求人
通常、食品サンプル職人の求人数は極めて少なく、アルバイトや職につくのが難しいのが現状です。 ネットのアルバイト求人誌などでも募集されてる事がありますが、やはり求人数は極めて少なく、こまめに求人募集をチェックするしかありません。 求人が見つからない場合、食品サンプル会社に直接申し込む方法がありますが、断られることが多いといいます。 この場合、根気よく自分の資質や情熱をアピールしましょう。 採用されれば未経験でもできる仕事ですが、やはり経験者の方が、採用・就職後も有利でしょう。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。