TOP > 副業・副収入・高額アルバイト > ユーザー車検代行・副業@


ユーザー車検代行・副業@

 

ユーザー車検代行・高額副業@
ユーザー車検代行とは自動車のユーザー (使用者) の代わりに第3者 (車検代行者) が点検し、国の検査場に (車検) を受けに行く事。

ユーザー車検代行が誕生した訳
通常、車検に出す場合、カーショップやディーラー、整備工場などで点検や車の修理などをしてから出すのが一般的でしたが、この方法だと手数料や修理費用などがかさみ (2000ccクラスで大体総合計15万円〜20万円など) 何かと車検代が高額になってしまいますね。 しかし、1995年7月に法改正が行われ、一般人 (車の使用者) でも自動車検査場に自ら行って車検が出来るようになりました。 これが俗に言うユーザー車検ですが、この方法で車検を受けると、ディーラーや整備工場などでやってもらうよりも、一回の車検にかかる手数料や費用をかなり抑える事が可能になった訳です。

ユーザー車検を行う人は不況や節約志向、日本車の丈夫さに対する信頼もあり、年々増加傾向にありますが、自分でユーザー車検に行くと長くて半日ほど費やしてしまう場合もあり、忙しい人は結局カーディーラーなどに頼むしかありません。 それでも何とか車検費用を格安に抑えられないか、ということで登場したのがこの 「ユーザー車検代行」 というもの。

ユーザー車検をする場合の車検費用相場
少し法律的な話をしますと 車検を合格させるには 「法定点検(24ヵ月点検)」 に関する点検整備を行わなければなりませんが、ユーザー車検をする場合、ユーザー (所有者) 自身が法定点検内容に沿った点検と整備を行わなければいけない事と法律で定められています。 

もし、法定点検をきちんと受けたいとなると、国からの指定をうけて国の検査場と同等の検査を実施できる民間車検工場、つまり、ディーラーや、街の自動車整備工場に頼む事になりますが、実はこの法定点検での車修理や点検整備の手数料や修理費用がかなり高額になる訳ですね。 もちろん、法で定められた点検なので安心感はありますが、業者によっては過剰整備 (まだ使える部品なのに交換してしまう、不具合でないのに不具合だと言って無理やり修理してしまう) などで車検代が高額になってしまうのです。 ※もちろん、本当に必要な修理のみを行う正直な業者もあります。

正直でクリーンな業者に頼んだとしても結局、整備費用などはかかりますので、ユーザー (所有者) 自身が法定点検をして、何も不具合がなければ整備費用は無料となります。 後は車検での絶対に必要となる最低限費用 「法定費用」 (税金や保険料など) を支払えば終了です。

●車検での法定費用例

【軽自動車】  
自動車重量税7600円、自賠責保険21970円、検査手数料1400円  合計30970円

【1000ccクラスの小型車】 (車両重量が1トン以下)
自動車重量税20000円、自賠責保険24950円、検査手数料1700円  合計46650円

【2000ccクラスの普通乗用車】 (車両重量が1トン以上1.5トン未満)
自動車重量税30000円、自賠責保険24950円、検査手数料1800円  合計56650円
※上記の金額はあくまで参考例ですので年代により変わる可能性があります。

ユーザー車検代行・高額副業Aではアルバイトや開業について解説しています。
ユーザー車検代行・高額副業Aへ
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。