TOP > 副業・副収入・高額アルバイト > コインロッカービジネス・自動操業


コインロッカービジネス・自動操業

 

コインロッカービジネス 副業・自動操業で高収入?
コインロッカービジネスとは、駅や街中などにあるコインロッカーのオーナーとなり、その利用料  (売上げ) を収入源とする副業ビジネス。

超低金利時代が到来し、給料が減給した不況の中、このコインロッカービジネスがサラリーマン副業としてにわかに注目を受け始めている。 と、言う触れ込みで数年前から存在しているこのビジネスはご存知でしょうか?

一度設置さえすれば、黙っていても24時間フル稼働、ほったらかしで日銭を稼ぐというこのコインロッカービジネス、実際収入はどうなんでしょうか?

コインロッカービジネスには大まかに2種類の方式があり、初期投資費用がかかるFCビジネス (フランチャイズビジネス) 方式と、初期投資費用がかからないコインロッカーリースの方式があります。

コインロッカーリース (オペレーションリース) 方式
コインロッカーを設置できそうな場所があったら、それをコインロッカー設置会社などに提供し、売り上げの何割かを収入とするもの。 余った空間や土地を提供する物では似たようなビジネスとして、当サイトでも取り上げている、自動販売機設置ビジネスがあります。 参照:→自販機置場探し・副業

このオペレーションリース方式では、コインロッカー本体、設置に関わる費用、メンテンナンス、消耗部品、運営管理費・撤去などのオーナー費用などは全て会社が負担。 また、清掃、超過荷物の管理及び廃棄業務、お客のクレームやコインロッカー使用料金の集金、返金業務なども全て会社が負担。
※ただし、コインロッカーは電気を使用するタイプと使用しないタイプの2方式があり、電気を必要とするコインロッカーのみ、電気代ロッカー1本(2口〜5口)あたり月々100円程度の負担などは有り。

設置場所さえ提供すれば、後は売上をオーナー、会社で配分率を定め、その割合が収入になる。 
主な設置場所は駅、ホテル、遊園地、百貨店、駅前ビル、水族館、パーラー、スポーツクラブ、など

コインロッカービジネス (フランチャイズ) 方式
まずはフランチャイズのオーナーとなるための契約金を支払います。 代理店契約や加盟店契約などが20万〜50万円。 次にコインロッカーを丸ごと購入します。 コインロッカー本体セットで150万円〜200万円程、その他、電源装置、テントなど備品の費用も合わせると、総額250万円〜300万円の初期費用がかかる。

初期費用を支払えば設置場所は会社が探してくれますが、集金とロッカー内の掃除などの管理は自分で行います。 例として売り上げの40%が自分の収入となる場合、コインロッカーの設置場所や稼働率により売り上げは変動するが、元手を回収できるのに3〜6年かかる。
※コインロッカー設置の会社により方式や条件は異なり、上記はおおよその例となります。

コインロッカービジネス副業は実際儲かるのか?
コインロッカービジネスのフランチャイズの場合、他の独立起業系フランチャイズよりは初期費用は比較的安く済み、自動販売機のように商品補充や仕入れの必要もなく、比較的管理も楽。 オペレーションリース方式の場合、管理などを委託してるので売り上げの配分率はフランチャイズよりは低くなるはずだが、初期費用はかからない。 しかし、どちらも利益率は低いのである程度収入を得るには長期間かかる模様。 また不況など関係なく、比較的低リスクで安定した売上が見込めるが、運用を開始した当初は人が集まる場所であっても、数年経って人の流れが変わってしまうリスクもある。 なので不動産やアパート経営のような投資感覚と言った方が良いのかもしれません。

コインロッカービジネスで稼ぐには?
コインロッカービジネス副業で儲けるには設置する 「場所」 が重要。 これによりかなりその後の売り上げや利益は変わってくるようです。 コインロッカービジネスが誕生した初期は設置場所もあり比較的稼ぎやすい環境にあったが、期間も経ったので参入者も多くなり、そういった意味でもコインロッカービジネス副業を検討している方は、設置する場所を十分に吟味する必要が有ります。 場所さえ当たれば安定して高収入稼ぐ事ができるかもしれません。 また、コインロッカー設置会社の条件などもよく確認しましょう。






 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。