試験監督

 

高額アルバイト 試験監督 
試験監督のアルバイトは、高額時給の割には比較的楽なバイトとして人気があります。

試験監督バイトの仕事内容は、全国で行われる様々な試験や試験会場で、受験生の誘導、試験の説明、試験用紙の配布など、いわば試験中の監督・補佐をします。

試験監督アルバイト 日給・時給・給料 
試験監督バイトの日給の相場は、試験の内容や時間によって様々で、6000円〜15000円程。 
試験の時間は丸1日から、午前のみ、午後のみなどで、中には拘束時間も比較的短い試験や、実労時間の短い試験も多く、実質、時給3000円〜3500円になる場合もあります。

試験監督バイトの試験内容・種類は、大きく分けて3つ
・トーイック (TOEIC)、TOEFL、英検、情報処理技術者試験、色彩検定試験、日本語検定など
各種国家試験の監督
・大学受験のための予備校の模擬試験などの試験監督
・大学入試、センター試験などの試験監督

試験監督のアルバイト募集で最も定番なのが、TOEICの試験監督でしょう。 TOEICの試験監督のバイトをするには、1時間半ほどの事前説明会に出席し、試験監督をするためのマニュアルを学びます。 これに出席するでけでも、報酬は貰えます。 またTOEICの試験は、受験可能な地域が毎回異なったり、試験監督のバイトができる回数も地域によって異なります。 

TOEICや国家資格のような大きな資格試験の場合は、主試験監督が別にいるので、アルバイトはそれの補佐的な役割の仕事をします。 試験開始の号令などは主試験監督が行うので、試験監督のアルバイトは試験問題の配布や回収、出席者の写真チェックなどを行うだけです。 このあたりは大学受験の入試や、予備校の試験監督の仕事と変わりありませんね。 その他には試験会場の準備や後片付けなどをします。

試験監督のアルバイトをする時の服装は一般的にはスーツ着用ですが、まれに私服OKの場合もあるようです。 試験監督アルバイトのメリットと言えば、立ちっぱなし、座りっぱなしというのはあるものの、ガテン系よりは俄然、楽である事。 日払い、週払いも多く、短期に高額・高収入稼げる事。 弁当が支給される事。 (試験官アルバイトの弁当は豪華であるという噂) デメリットは求人募集が少なめである事、ほとんどの場合、交通費が支給されない事。

試験監督アルバイト 求人募集
試験監督アルバイトの求人募集は、大学受験の入試や、予備校の試験監督などの場合、その学校の掲示板や専用のサイトで募集されたり、また、大学、予備校の先生や、試験監督アルバイトの経験者から紹介される事もあります。

しかし、試験監督アルバイトの求人募集が一番多く、可能性が高いのが、派遣会社や求人誌などで探す方法。 ネット上にも様々な求人募集サイトがあり、単発ですが、国家試験、模擬試験など含めれば、1年中アルバイトの求人募集はあります。

試験監督バイトは人気が高いので、内容、条件によっては応募者殺到ですぐに締め切られる事が多いので、こまめに探すのがコツ。 試験の拘束時間やその他条件などは試験の種類によって様々なので、よく確認しましょう。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。