TOP > 超高額・超短気高額アルバイト > 出口調査・世論調査


出口調査・世論調査

 

出口調査・世論調査 短期高額バイト
出口調査・世論調査とは、ご存知でしょうか? 簡単に言うと選挙に関する調査のアルバイトですが、短期間に高収入稼げるバイトなんです。

まだ、世間ではあまりメジャーではないようですが、現在、主婦や学生を始め、Wワークや副業バイトとして密かに人気があるようです。

出口調査とは?
出口調査とは、新聞やテレビ局などのマスコミが選挙の開票速報を少しでも早く流すために、投票所の各地でアンケートを実施、投票データなどを収集する調査。 そのため、各選挙区の投票所にそれぞれ大勢の調査員が派遣されることになります。

出口調査員・仕事内容
出口調査員アルバイトの仕事内容は選挙当日、各投票所開場に集まり、各マスコミの腕章やバッチを点けて投票所から出てくる人、5人〜10人に1人程度の割合で 「どの政党に投票したのか?」 「投票は誰にしたか?」 などを聞き取り調査ます。 1日仕事の場合は早朝から夕方まで続きますが、半日に分けてやる場合もあります。

出口調査員アルバイト・日給・時給
出口調査員の平均日給は10000円程度。 これに (前日までに3時間程度の事前研修有) 研修分2500円〜3000円が別途つくので、日給12000円以上が相場となります。 
地域、選挙の時期、派遣会社によりますが最高14000円などもあります。

世論調査員アルバイト・仕事内容・日給・時給
一方、世論調査員の仕事内容は、選挙が行われる時期に一般有権者 (あらかじめランダムに選んである調査対象者) を対象に、選挙結果の予想や内閣支持率などの調査をするバイト。 主に新聞各社やテレビ局などが調査会社に依頼をします。 こういった世論調査を経た後、調査結果がニュースや新聞、テレビなどで発表される訳ですね。

世論調査員アルバイトの平均日給は出口調査員よりは低めで、これも地域や派遣会社などによりますが時給1000〜1200円程度。 このバイトの場合は、募集が数百名単位なので出口調査員よりは仕事につきやすいといえましょう。

出口調査・世論調査バイト 求人募集時期
出口調査員などの選挙バイトの求人募集時期は当然ですが、選挙がある時期のみです。 しかも、直前でないと選挙の日程というものは決まらないので、いつ募集されるのか予想しづらいです。 調査員の依頼の流れは、マスコミが選挙のおおよその日を予測、人材派遣会社などに依頼、人材派遣会社が即調査員募集の開始という流れになるので、コツとしては各人材派遣会社などにあらかじめスタッフ登録しておいて、選挙時期に新聞やテレビで 「選挙間近」 などのニュースが流れたら即、求人募集を探し始めるとよいでしょう。

短期とはいえ、出口調査員アルバイトはかなり人気が高いので、募集開始後、すぐ人員オーバーで募集締め切りになる場合が多いので、選挙時のチェックが必要です。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。