TOP > 超高額アルバイト > Webデザイナー


Webデザイナー

 

Webデザイナーアルバイト・高額・高収入
Webデザイナーの仕事は、簡単に言うと企業や個人など、様々なクライアント (依頼主) からWebサイトの制作依頼を請けて、希望・要望に沿ったデザインのWebサイトを作成するお仕事。

技術系バイトの中では人気も高く、現在20代、30代の若い女性の割合も高いと言われています。

Webデザイナーになるために必ず必要な資格と言うのはなく、スクールや専門学校卒必修と言う訳ではないので、趣味でサイトやホームページを作った経験のある人であれば仕事は出来ます。 ただし、最低限、HTMLやCSSに関する知識は必要でしょう。 WEBデザイナーのアルバイトは、うまくいけば独立したり、在宅で仕事を続けたりする事も出来ます。 人脈・能力があり、仕事の依頼が殺到している位の人なら1000万円以上の年収を稼いでいるそうです。

Webデザイナー仕事内容
Webサイトの制作を行うといっても、一般的にその仕事の幅は広く、それぞれの会社によっても大きく異なっているのが現状。 基本的に、HTMLやCSSのコーディング、サイト全体のレイアウトなどが主な作業となりますが、時にはFlashムービーの作成や、画像の加工、ユーザビリティの改善やSEOの最適化作業などもWebデザイナーが担当するケースもあります。 打ち合わせや社内会議も頻繁に行うため、そういった会議などに参加することもあります。 経験を積んでいくと、自分のデザインが採用されたり、サイト・HP全般の作業に関わることが出来るようになります。

Webデザイナーになるには、デザイン系専門学校やスクールなどでwebデザインを勉強してからでないと、と思われがちですが、ある程度知識がある方はいきなりバイトや職場に飛び込んだほうがいいとも言われています。 職場では、専門学校やスクールなどでは学ぶことが難しい高度な表現力や技術力を現場で身に付けることができ、人脈も広がるので将来独立する場合有利になります。 Webデザイナーといえばさぞかし技術系の学校出て来た人ばかりと思いきや、独学で活躍してる人も多い業界です。

Webデザイナーの平均時給・給料
関東:1800円
関西、東海:1500円
その他:800円〜1500円

都市部ほど高く、地方ほど低い傾向。
デザイン会社勤務の場合、一般的に年収は300万円から〜500万円位。
有名デザイナークラスになると、年収1000万円以上も珍しくないそうです。

Webデザイナーのメリットと言えば他の技術系仕事に比べ始め易い事。 バイトとして始めてもその職場で技術を学びスキルアップしていけば正社員やフリーで活躍できる道も。 デメリットは自分のセンスと言うよりも、クライアントの意見や要望に沿って作成しなければならない事。 会社にもよりますが、納期があるので勤務時間や曜日が不規則。

Webデザイナーに採用されるには?
Webデザイナーを目指す場合、実務経験を積むことが重要だといわれます。 他の業界から転職する場合もまず、アルバイトから始めると効率よく正社員になれる道が開けます。 資格もアピールにはなりますが、採用には資格よりも実務能力が重要視されるので、採用時に自作のサイトなどを提出を求める所も多いようです。

HP・サイト作成には、以下の4つのソフトを使いこなせると良いでしょう。(業界標準のPCソフト)
採用の際の最低条件になっている場合もあります。
photoshop(画像処理)・llustrator(画像作成)・Flash(動画作成)・dream weaver(HP作成)

Webデザインの資格が無くてもWebデザイナーの仕事をすることは出来ますが、未経験者の場合、アルバイトとして採用されるためには資格を持っていたほうが有利になります。

・Webデザイナー関連資格
ウェブデザイン技能検定、Webデザイン検定、Webデザイナー検定など。

Webデザイナー求人募集
Webデザイナーの転職や求人情報は、インターネットのアルバイト情報サイトや、人材派遣情報サイトなどにも数多く載っています。 未経験の場合、比較的求人は少ないですが、仕事の幅の広い業界なので、数多くの派遣情報サイトなどをチェックすれば見つかるでしょう。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。