棚卸しスタッフ

 

棚卸しアルバイト 短期で稼ぐ
棚卸しアルバイトスタッフの主な仕事内容は、ショッピングセンターやスーパー、コンビニなど小売店〜大型量販店などの商品在庫数をカウントします。

棚卸スタッフの勤務内容は主に2通りあります。 一つは、昼間にコンビニなどの小型店舗を、数店舗回って働く中長期バイトと、もう一つは、夜間にスーパーやディスカウントショップなどの大型量販店で働く短期バイト。

棚卸しアルバイト、短期の場合・日給・時給・仕事内容
商品の数え方は、大抵の場合、専用の電子端末があり、その専用端末で商品のバーコードを読み取っていくだけなので仕事はいたって簡単。 重いものを運ぶこともほとんどありません。 軽い研修などを会社、または現地で行います。 仕事自体簡単なので男女共未経験でもOK。

勤務日当日、会社事務所やどこか一ヶ所で待ち合わせ、数台でワゴンで現地に向かいます。 各店舗の営業が終了 (20:00〜23:00位) してから棚卸の仕事をスタートさせます。 数人から時には百人以上のアルバイター達が一斉に商品在庫を数え、翌日の営業開始日までに終らせます。

給料は夜勤の短期バイトの場合、大抵が日給制で1万円以上の高額報酬。 もちろん仕事が早く終わっても給料は保証されます。 しかも、残業が生じることはほとんど無く、大抵予定よりも早く仕事は終了してしまいます。 なぜなら、翌日の開店までに確実に間に合わせるよう、募集人員を多めに入れて確実に早朝までに終わらせようとする目標があるからです。 お店の業種や在庫数、その時のアルバイトの人数にもよりますが、5時間位で終ってしまう場合もありました。 

また短期・夜勤の棚卸しの場合は「時給」ではなく「日給」として契約するので、予定よりも早く仕事が終わったとしても、給料は全額貰えるというわけです。 日給なので「日払い」で貰えます。

勤務期間は1店舗を1日から〜 各店舗を数週間〜数ヶ月に渡り続く場合もあり。 
※基本、勤務日は自由に選択できます。

勤務場所はショッピングセンター、デパート、スーパー、ディスカウントショップ、物流センター、洋品店、書店、無印良品など。

棚卸しアルバイト、中長期の場合・日給・時給・仕事内容
棚卸する店舗は大抵コンビニですが、2〜5人程度のグループを組み、1日に2〜店舗以上を回ります。 勤務時間は朝8時〜17時の8時間程度、出勤日数は週3〜5日。 商品の数え方は、短期の場合とほぼ同じ。 時給は900〜1000円。

※上記の仕事内容は大方基本的な流れなのでケースバイケースにより若干違う場合があります。事前に応募する会社などでよく内容を確認しましょう。

高額日払いの棚卸しアルバイトはおいしい?
両方の棚卸しバイトにいえる事ですが、数あるアルバイトの中でも楽な部類に入ると思います。 基本立ちっぱなしですが、仕事が始まれば1人で黙々と商品を数えていくだけなので気楽ですし、重いものを運ぶこともありません。 どちらかといえば夜勤の方がおいしいですが・・・

問題は夜勤の場合、早く終わったら電車がないので路頭に迷うということでしょうか。 そういう場合はファミレスやコンビニなどに逃げ込みましょう。

短期・夜勤の場合は日払いで貰える場合が多いので、日雇い仕事ともいえます。 とはいえ募集されてる機会は少な目ですので、他の日雇い・日払いアルバイトと組み合わせて働くのもいいでしょう。

棚卸しアルバイト 求人募集
棚卸しバイトの募集時期は長期の場合、年中ですが、短期アルバイトの場合、月末や、決算期の2月〜3月、8月〜9月、年末年始などに募集が多くなる傾向です。 繁忙期にはアルバイト求人募集サイトや、雑誌なんかにも頻繁に搭載されるのでこまめなチェックが必要です。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。