TOP > 超高額バイト (週刊オリラジ経済白書) > レッドビーシュリンプ養殖


レッドビーシュリンプ養殖

 

このページでは週刊オリラジ経済白書という番組の高額アルバイト・高額バイト特集の中でで放送されていたレッドビーシュリンプ養殖を紹介します。

レッドビーシュリンプとは、赤と白のストライプ柄が特徴の小さな観賞用のエビで、1匹30万円以上で取引されることもある中々高価なもの。番組で放送されていたのは、このレッドビーシュリンプがまだ稚魚の時、1匹1万円で10匹を購入し、それを養殖して1ヵ月後に、高額で販売しようというものでした。

結果は、7匹は成長したが、3匹は水温上昇で死滅、「最低5千円〜最高6万円で総額17万円」でレッドビーシュリンプ買取してもらう事に成功しました!

が、レッドビーシュリンプ養殖、売買、そんなに甘くはないようです。実際、始めたばかりの素人がレッドビーシュリンプを稚魚から育てるのは、かなり難しいらしく、1ヵ月でそのような高額を稼ぐのはほぼ不可能、そもそもレッドビーシュリンプ買取、売買、なんていう高額アルバイトは存在しないそうです!

つまり、番組的にレッドビーシュリンプ養殖については、いわゆる「ヤラセ」であった、という「ウワサ」に落ち着いているようです。しかし、レッドビーシュリンプ養殖、買取、売買で儲ける、というのは実際に存在します。その後、ワールドビジネスサテライト(WBS)や、アッコにおまかせなどでも放送され、WBSにおいては「上手く増やせたら売れる」という点も特徴である、と紹介されていたようです。

で、レッドビーシュリンプ養殖は実際、儲かるのかというと、今から新規参入しても恐らく儲からないそうです。既にレッドビーシュリンプ養殖のピークは過ぎており、今はどちらかというと価格は下落しています。また、儲けにくくなっている要因の一つには、多くの先行者がいることが挙げられます。問屋やショップへ卸す独自なルートを持っているセミプロや、 100本以上の水槽を駆使して繁殖を繰り返すなど、もっと大規模にやっているプロに素人が対抗して勝つのは容易ではないということです。

でも、どうしても養殖で大金を稼ぎたい、ひと儲けしたいという方は、儲ける方法が全くない、という事はありません。それは、人がやってない事をやるのです。何々で養殖する、というのは探せばいろいろあります。1番いいのは、自分で品種を作ってしまうことです。例えば、自宅の水槽で突然変異が発生して、それが美しく綺麗な模様だったりするとチャンスは大きいです。それをコンスタントに大量に繁殖できる体制が整えられれば、莫大な利益、収入を生み出すことも不可能ではないです。ただ、突然変異というのは、そう簡単に出来るものではありませんが。。

しかし、レッドビーシュリンプ自体も突然変異で生まれたものなので、儲けたい人は、しっかり研究すれば一攫千金も夢ではないかもしれません。ただし、必ず成功するとは限らないので、趣味の延長や、楽しみながらやってみる、という感覚で始めたほうがいいかもしれませんね。

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。